×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コンドロイチンってなに?

コンドロイチンとは、ネバネバしたものに含まれているもので、動植物の体内、つまり私たちの体のいたるところに存在している物質で様々なことに関与している成分です。
コンドロイチンは若いころは盛んに体の中で合成されるものですが、加齢に伴い生産量がどんどん減少していきます。
コンドロイチン欠乏症を招いたり、関節や皮膚への障害が起こる場合、外からの補充が有効と考えられております。
食品の中では『納豆』『山芋』『オクラ』『フカヒレ』『スッポン』などネバネバしたものに少量含まれている。
適切に摂取すれば安全であり、関節炎の症状緩和効果が報告されている。

★コンドロイチンを簡単に摂取!★

コンドロイチンの効果

・骨の形成を助ける
・傷をすみやかに治す
・細菌の感染を防ぐ
・関節組織の円滑化
・体内の水分量のコントロール
・細胞を出入りする物質の調節
・血中脂質の改善
・血液凝固の抑制
・血管新生の調節
・目の透明度の維持

コンドロイチンの副作用

基本的にコンドロイチンの副作用は少ないのですが、サプリメントとして摂取する場合、コンドロイチンの性質上『妊娠中』『授乳中の女性』『手術後の方』『子供』は使用を控えた方が良いです。そして、まれですが出血する傾向もあります。疾病患者の方や治療を受けている方は特に医師に相談したほうがよろしいと思います。
副作用が気になる方は医師に相談してから服用しましょうね^^

Copyright © 2007 コンドロイチンってなに?